top of page

Quinta do Noval ~谷間のグラン・クリュ・ポート~ <ポート特集:Part3>

ポートの銘醸地Cima-Corgoの中心部、ドウロ川沿いを南北に挟み込む段々畑は、世界遺産として良く知られた風景だが、最高位の「A」にレーティングされるグラン・クリュは、川沿いにだけあるわけではない

 

少し内陸に入ったエリアにも、見過ごすべきではない、いや、より重要とすら言えるグラン・クリュゾーンが存在しているのだ。

 

Cima-Corgoの中心にあるピニャオンから北部のアリージョ(スティルワインの産地として要注目の場所であるため、別の機会でレポートする。)に至る中間地点に広がるのが、ポート用(スティル用としても)の葡萄畑としては最上位の筆頭候補とすら言える、Vale de Mendiz

 

ポート用としてはTaylor’sの看板ヴィンテージ・ルビーの一角を成すQuinta de Terra Feitaが、スティル・ワイン用としてはNiepoortの野心とウィットに富んだCharmeの葡萄畑があることでも知られているが、Vale de Mendizの象徴といえば、なんといってもQuinta do Novalなのではなかろうか。



記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page