top of page

2つの国、1つの文化 <Gorizia特集:前編>

イタリアのフリウリ・ヴェネツィア=ジュリア州とスロヴェニア領内に跨る街、ゴリツィア(*)は、いつか必ず訪れようと思っていた場所だった。

 

(*):スロヴェニア語ではGoricaゴリツァ。以降、両領土を合わせてGoriziaと表記

 

もちろん、Gorizia周辺で造られる極上ワインの数々に心惹かれて、という理由もあるが、私にとってのGoriziaは、自身のルーツとも重なる部分が多い場所なのだ。

 

少し、私のファミリーヒストリーを語ろう。

 

私自身は日本で生まれ育ったため、アイデンティティの比重はかなり日本人よりだが、私の祖国は朝鮮(一つのKorea)である。

 

そしてその祖国は、米ソ冷戦に巻き込まれる形で、南の大韓民国と、北の朝鮮民主主義人民共和国へと分断された。

 

ここから先は、私の祖父母(母方)の話となる。

 

祖父母は、ソウルで出会い結婚した。

 

1942年、祖父は日本軍からの徴用令状を受け、広島への赴任を命じられたが、長(日本で言うところの町長)が手を回してくれたおかげで、幸運にもそれを回避することができた。その代わりに2年間、鉱山勤務にあたったが、そこでの生活は極貧そのものであり、まだ2歳だった長女も赤痢で失ってしまった。

 

第二次世界大戦終結後、祖父は北側でキリスト教会の牧師として働いていたが、自身の命がキリスト教勢力への弾圧をさらに強め始めた金日成率いる朝鮮労働党(共産党)に狙われていることを悟り、1ヶ月間教会の塔の上で身を隠したのち、貧しい農夫に変装して、単身南側のソウルへと逃げた。

 

独裁政権のブラックリストに載ってしまった自身がそのまま北に留まれば、早々に命を奪われるのは避け難いという絶望的な状況の中、脱北に失敗すれば家族や教会にも魔の手が及ぶことを重々知りつつ、天命と神の導きを信じて、苦渋の決断をしたのだ。

 

祖母は二人の息子(今も健在な私の叔父達)と北側で暮らしていたが、越境するためのお金を貯めるのに、随分と苦労したようだ。次男がまだ一歳にも満たない年齢だったこともあり不安は大きかったが、祖父の脱北から6ヶ月後、文字通り「命懸け」の脱北を決意し、祖父と合流するために、密航船へと乗りこむこととなる。

 

道中で一度捕まってしまったが、カバンの中に入った祖父の聖書が見つかると全てが終わると悟った祖母は、次男の尻をつねって大声で泣き出すように仕向け、検問を妨害した。追い詰められた祖母の刹那の機転が、家族を救った。

 

長男を抱きかかえ、次男を背におぶり、船が停泊している沖合まで懸命に浅瀬を歩いた。船に乗り込む際には、次男がどこかに頭をぶつけたのか、また大声で泣き出してしまい、同行者たちからは次男を「海へ捨てろ」と脅迫されたが、必死に守りきった。

 

38度線の警備から逃れるための遠洋が長引き、細々と繋いでいた食料も底をついた。

 

長男はなんとか耐えていたが、まだ幼かった次男は、命が危ぶまれる状態にまで衰弱していた。

 

ようやく南側に辿りつくと、同行していた姑(祖父の母)がそばにあった畑から胡瓜を三本取ってきて、祖母たちに与えた。

 

自身も熱心なキリスト教徒だった祖母は、その胡瓜が正しい手段で手に入れたものではないと知りつつ、神に謝罪と感謝をしながら、息子達に食べさせた。

 

祖母が私に語った、「人生でただ一度の盗み」だ。

 

そして1950年。同じ民族同士が争うという、悲しき戦乱の大渦(朝鮮戦争)が始まる僅か10日前に、祖父母一家は海を渡り、日本へと辿り着いた。少しでもタイミングが違えば、北の共産党に捕まって、銃殺されていたかも知れなかった。

 

そう、私という存在は今、祖父母がくぐり抜けた数々の尋常ならざる試練と不幸中の幸いの果てに立っているのだ。(私の父もまた、民主化闘争という大激動を命懸けで駆け抜けた人物だが、その話はまた別の機会に。)



 

Koreaの語源でもある、朝鮮半島にかつて存在した高麗(コリョ)国と、Gorizia周辺ゾーンの一つであるCollio(コッリオ)の響きが似ているのは、もちろんただの偶然だが、Goriziaもまた、強制的に民族分断された地である。

 

Goriziaは、16世紀初頭から1918年まで、最後のハプスブルグ帝国であるオーストリア=ハンガリー帝国の一部だったが、イタリア王国、オーストリア=ハンガリー帝国の間で11度にも渡る壮絶な戦争が繰り返された「イゾンツォの戦い」の果てに、第一次世界大戦末期のヴィラ・ジュスティ休戦協定によって、イタリア王国領とセルブ=クロアート=スロヴェーヌ王国(後のユーゴスラヴィア)領に分断された。

 

かつては一つの文化圏として自由に往来することができた二つの地域は、2004年にスロヴェニアがEUへと加盟し、同時にシェンゲン協定(ヨーロッパの加盟国において、国境検査をせずに越境することを許可する協定)にも加盟するまでの86年間、互いに「最も近く、最も遠い場所」となっていたのだ。

 

ワイン産地としても、イタリア側とスロヴェニア側は長らくの間、大きく異なる道のりを歩んだ。

 

イタリア側では、1960年代にフランスから栽培と、ドイツから醸造技術を学んだマリオ・スキオペットが、戦後の疲弊によって経済的困窮のどん底にいたフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のワイン産業を近代化させることに成功していたが(*)、スロヴェニア側(旧ユーゴスラヴィア)は共産主義の支配下にあったため、1980年代後半になってようやく、旧ユーゴスラヴィアが市場経済へと転換し始めるまで、葡萄栽培農家やワイナリーは政府に領地を没収され、富を得ることもなく、ただひたすら大量生産型ワインの製造に半ば強制的に加担させられていた。

 

(*)皮肉なことに、この時期にオレンジワインの伝統が失われ、同州はピノ・グリージオを主力とする超大量生産型産地となってしまった。しかし、スキオペットの活躍は、フリウリのワインが注目されるという意味で、後のオレンジワイン再興の土台となったとも言える。

 

 

歩んできた道のりは異なるものとなったが、ワイン文化の側面から見た本来のGoriziaは今も昔も、オーストリア=ハンガリー帝国、つまりハプスブルグ家による統治の影響を色濃く受けた一つのワイン産地である。

 

実際にGorizia周辺を動き回っていると、いつの間にか国境を超えていた、ということが何度も起きた。

 

ワイン産地としてここを訪れると、「見えない国境」が、ただそこにあるだけだと気付かされる。

 

検問所は一応あるが、少し減速すれば一切車を停められることなく素通りできるので、境界線はあって無いようなものだ。

 

Gorizia周辺の造り手たちも、国境などまるで無いかのように、自由に交流しているし、新世代の若者たちは、本当に仲が良い。

 

私が国境の存在をはっきりと感じたのも、遥かに安いという理由で、イタリア側に居ながら、スロヴェニア側からタクシーを呼んだ時ぐらいだった。

 

そもそも、政治的な理由で人が定めた境界線と、自然(テロワール)が導き出す境界線の間にある関連性は、非常に希薄なものだ。

 

だから、ワインの専門家である私も、この地域を「一つのGorizia」として見ようと思う。

 



 

 

新たなGoriziaの息吹

Goriziaを訪れると決めた時、私は訪問先の選定にあたって、明確なテーマを2つ設けた

 

一つは、Gorizia周辺エリアの多種多様なテロワールを、出来る限り広く深く理解できるような訪問先にすること。

 

そしてもう一つは、新時代を担う若手たちの話を聞きにいくことだった。

 

現代のGoriziaは、オレンジワイン復興の狼煙があがった地として、最も良く知られるワイン産地である。まずは簡単に、そのストーリーを語っておこう。

 

1980年代に、超大量生産型産地であったフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州を、ファインワイン産地として押し上げたヨスコ・グラヴネル(Gravner)は、洗練されたインターナショナルスタイルのワインで、極めて高い評価を得ていた自身のワインから、文化、伝統、テロワールといったワインにとってあまりにも大切なアイデンティティーが消失していたことに、深く思い悩んでいた。

 

高名なイタリア人ワイン評論家のルイジ・ヴェロネッリによって、「古代メソポタミア文明のワイン作りを学ぶように」と助言を受けたヨスコは、リサーチ活動を経て、1994年に、醸し発酵で少量のワインを試験醸造した。1997年には、ジョージアから秘密裏に入手した230Lのクヴェヴリで試験醸造をしたことをきっかけに、全ての白葡萄をスロヴェニアン・オークの大樽で醸し発酵するようになった。

 

一方、ヨスコのかつての盟友であったスタンコ・ラディコン(Radikon)も独自に原点回帰への道を歩んでいた。「赤ワインのような複雑さをもつ白ワインを、できるだけ自然な醸造で造る方法」を考えていたスタンコが、父のエトゥコが行なっていた醸しの工程をヒントに、最初に醸し発酵の試験醸造を行なったのは1995年。そして、1997年ヴィンテージから全ての白ワインを醸し発酵で仕込むようになった。

 

1997年ヴィンテージは、ヨスコとスタンコが共に全ての白ワインを醸し発酵に切り替えた、まさにオレンジワイン再興にとって歴史的なヴィンテージとなったのだ。

 

同時期に、アンジオリーノ・マウレ(La Biancara)、ペンサ兄弟(La Castellada)、パオロ・ヴォドピーヴェッツ(Vodopivec)なども白葡萄のマセレーションに着手。

 

2000年代前半までは、彼らのワインは市場にも評論家にも酷く拒絶されていたが、その強靭な意志は決して折れることがなかった。

 

2010年代に入る頃には、この古くも新しいワインが広く認知され始め、その古典的製法は世界中の造り手へと伝播し、現代では一つのカテゴリーとして完全に成立したと言えるだろう。

 

 

そして今、英雄たちの革命から四半世紀が過ぎた。

 

当然、世代はすでに巡っているが、我々のGoriziaに関する知識は、グラヴネル/ラディコンの時代から止まったままのように思えてならない。

 



 


Goriziaの葡萄品種

Goriziaは地品種の宝庫でもある。

 

比較的良く見かける葡萄品種に限定しても、白葡萄では(イタリア語表記で統一)Ribolla Gialla、Friulano、Vitovska、Malvasia Istriana、Picolit、Verduzzo Friulanoなどが、黒葡萄ではPignolo、Refosco、Schioppettino、Terranoなどが挙げられる。

 

さらに、Merlot、Sauvignon Blanc、Pinot Grigioもこの地の重要品種として長く根付いてきた。

 

後編では、各サブゾーンの詳説と共に、訪問先ワイナリーの「今」を通じて、現代的Goriziaの姿に迫っていくこととするが、前編ではまず、前段階として重要品種の解説を行う。

 

Goriziaのワイン文化を深く理解するには、主要品種だけでも(その数が多いのだが)、しっかりと特性を把握しておくことは必須となる。

 

そのステップを踏まないと、どのような品種であっても、「フリウリ(もしくはスロヴェニア)のオレンジワイン」といった大きな括りでまとめられて終わってしまうからだ。

 



 

白葡萄

Ribolla Gialla

スロヴェニア語ではRebulaと表記されるこの品種は、最古の記録が1296年にまで遡れる、Gorizia最古参地品種の一つ。後述する黒葡萄のSchioppettinoは別名Ribolla Neraと呼ばれているが、遺伝的関係性はない。

シンプルな白ワインとして仕上げた場合は、フローラルなアロマ、軽快なボディ感と高い酸が特徴となるが、しっかりとマセレーションを施すと、濃厚な黄桃や金柑のアロマ、多層的なストラクチャー、強靭なミネラル、僅かにナッティーな風味が漂うワインへと変貌する。

ポンカ土壌との相性が特に良いと目される品種でもあるため、Gorizia周辺ゾーンの中で、栽培適地が、Collio、Colli Orientali、Goriška Brda、Vipavska Dolina(Vipava)と限られる。

 

 

Friulano

イタリアにおいては、Tocai Friulanoと呼ばれていた品種だが、2007年にEUの法改定によって、Friulanoに統一された。ハンガリーのTokajを連想させるかつての名称から、ハンガリー原産の品種だと良く誤解されているが、実際にはトカイの高名にあやかってそう名付けられただけ(フランス・アルザス地方のPinot Griも同じ事情)であり、正しくはフランス・ボルドー地方の古代品種であるSauvignonasse(もしくはSauvignon Vert)と同品種である。少々ややこしいが、Sauvignon Blancとは遺伝的に全く無関係の葡萄となる。

イタリアではFriulano、スロヴェニアではZeleni Sauvignonもしくは、Sauvignonasseと表記するように一応決まってはいるが、造り手の中にはその名称に反対するものが多く(実際に訪問したほとんどの造り手が、「Tocai」と自然に呼んでいた。)、Gorizia周辺全域で、Jakot(Tokajを逆さま読みにした言葉)などの「ファンタジーネーム」が用いられることも常態化している。

白ワインとして造られた場合は、グレープフルーツやハーブを主体としたフレッシュ感の強いライトボディ型のワインとなるが、Sauvignon Blancの特徴を全体的に少し薄めたような味わいとも言えるため、Friulanoの真価はオレンジワインとなってこそ発揮されると考えるのは、決して間違いではないだろう。

野花とスパイスが香り、高密度のストラクチャーと硬いミネラル感、驚異的なバランス感が、オレンジワインとしてのFriulanoの基本的な姿となる。

Goriziaではかなり広範囲に栽培されている品種の一つ。

 

 

Malvasia Istriana

スロヴェニア語では、Istrska Malvazija、原産地と目されるクロアチアのイストラではMalavazija Istarskaと表記されるこのアロマティック品種は、イタリアに多々あるMalvasia系品種とは、遺伝的にも異なっている。

蜂蜜を思わせる香味に、ハーブのニュアンスがしっかりと乗ってくるのが、基本的な品種特性となる。

また、樽をしっかりと効かせた濃醇なタイプ、フレッシュ感を際立たせたアロマティックで軽快なタイプ、若干の貴腐菌を織り込んだ濃密なタイプ、そしてフルーティーでありながらも頑強なストラクチャーを誇るオレンジワインと、非常に多様なスタイルに、高レベルで対応できるのもこの品種の特徴と言える。

前述したRibolla Gialla、Friulanoとの三品種ブレンドは、Goriziaの古典的なスタイルの一つでもある。

Goriziaではかなり広範囲に栽培されている品種の一つ。

 

 

Vitovska

Carso及びKrasの固有品種であるVitovskaは、かつて絶滅の危機に瀕していたが、1980年代にエディ・カンテ、ベンジャミン・ツィーダリッヒなどの手によって、復活を遂げた。オレンジワイン用の品種として、Goriziaでも屈指のポテンシャルを誇ることから、白ワインとしてのVitovskaはあまり見かけなくなったが、梨やマルメロを思わせる風味とエッジの効いた酸が持ち味となる。

マセレーションを行った場合、干し草やセージを連想させるニュアンスが強く現出し、Gorizia周辺で最も頑強なストラクチャーを得る。高い酸とフェノールから、長期熟成能力も際立って高い。

他のゾーンでも見受けられるようになってきたが、最上例は文句なしにCarsoとKrasからのものとなるため、同ゾーンの特徴的な石灰質土壌と非常に相性が良いと見て間違いないだろう。

 

 

Verduzzo Friulano

古くは15世紀にまで記録が遡れる古代品種の一つがVerduzzo Friulano。果皮の厚さから、伝統的には辛口と甘口の両方が造られてきた品種でもある。Goriziaの西にあるUdineのエリアでも広く栽培されているが、最上のワインがGoriziaにあることは疑いようもない。

野草と杉の非常に特徴的なアロマがあり、熟成によって果実味の蜜感が飛躍的に増してくる。

甘口に向くのと同様の理由で、オレンジワインとしても高いポテンシャルを秘めているが、バランスが整うまでかなりの時間を要するという難点もある。

Verduzzo Friulanoが特に優れたゾーンはColli Orientali、Isonzo、Aquileiaとなる。

 

 

Sauvignon Blanc

Goriziaに限らず、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州全域で長らく根付いてきたSauvignon Blancは、この地に欠かせない重要品種となっている。

Sauvignon Blancから造られる、よりシリアスな白ワインは、Goriziaからかなり西側へと行ったゾーンで多く見受けられる(単一品種のSBとしては、世界で最も優れたレベルのワインが生産されている)が、Goriziaにおいてはよりカジュアルなスタイルのワインや、ブレンドの補助役として用いられることの方が多い。

マセレーションを施した場合、単体だとバランスを取ることが難しい品種であることが、Goriziaで主役となることが少ない理由として考えられる。

 

 

Pinot Grigio

一般的にフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のPinot Grigioと言えば、平坦で面白みは無いが、ドリンカビリティにだけは長けた超大量生産型ワインの代名詞となるが、現代のGoriziaでは大きく異なる存在感を放っている。

その真価は、この地の伝統的なRamato(ほんのりと色づいた、ライトなロゼに近い白ワイン)に、長期マセレーションの発想を取り入れて造り上げられた、グリ系オレンジワインとしてのPinot Grigioにこそあるのだ。

近年のトレンドとして、ライトなマセレーションを施したフレッシュ感の強いワインも散見されるようになったが、よりシリアスなヴァージョンでは、濃縮した赤系ベリーとハーブが香り、滑らかなテクスチャーと骨太の酸がダイナミックな構造を生み出す。

スロヴェニアでは、Sivi Pinotと表記されることもある。

 



 

黒葡萄

Pignolo

イタリア最上の黒葡萄は、NebbioloとSangioveseの二傑で決まりのようなものだが、両品種に比肩しえるポテンシャルをもつイタリア地葡萄の最有力候補として、私はカンパーニャ州とバジリカータ州のAglianico、シチリア島エトナ火山のネNerello Mascalese、そしてGorizia(より西側にあるButtrioやRosazzoが原産地と目されている)のPignoloを強く推す。

Vitovskaと同様に、絶滅を免れた古代品種であるPignoloは、全体的にNebbioloと似た部分が多く、非常に高い酸と、強烈なタンニンに最たる特徴がある。

最も優れた例となると、最上のBaroloやBarbarescoに十分比肩し得る偉大なワインとなるが、Pignoloには膨大なタンニンが調和に至るまで、非常に長い(時に10年以上もの)樽熟成期間を要するという、如何ともし難い弱点がある。

フィロキセラ禍以降、減少の一途を辿り、一度ほぼ消滅しかけた品種だが、1970年代に再発見され、復活を果たした。

 

 

Refosco

イタリア語での正式名称はRefosco dal Peduncolo Rosso。ややこしいが、同州のUdinem西部で見られるRefosco di Faedisとは別品種である。

独特のグラッシーで粗野な風味が特徴として語られることが多いが、非常に樹勢が強い品種であるため、しっかりと収量制限を行えば、上品なワインにもなる。

色調がかなり濃く、スミレのアロマも品種特性として出てくることが多い。

特有の荒々しいタンニンを制御することはかなり難しいが、その特性を逆手にとって、ロゼ用の葡萄品種とした場合、驚異的なポテンシャルを発揮するだけでなく、非常に高い熟成能力をもった稀有なロゼワインとなる。

 


Terrano

Terranoは、長らくRefoscoと混同されてきたCarso及びKrasの固有品種だが、遺伝子調査によって別品種であると断定された。またまたややこしいが、スロヴェニアで見られるRefoškという葡萄は、Refosco dal Peduncolo Rossoではなく、Terranoと同品種であることが圧倒的に多い。

Refoscoとは、インキーかつグラッシーな香味、フレッシュ感の強い酸と、強いタンニンという点で確かに類似点が見受けられるが、Terranoの方が全体的にスムーズなトーンとなる。

 

 

Schioppettino

Schioppettinoは、Pignoloと同様に一度絶滅しかけた品種だが、1970年代に再生された。濃厚な色調、スミレと赤ベリーの華やかなアロマ、絶妙なハーブとスパイスの風味が特徴的な、非常に高品質なワインとなり得る葡萄である。一方、少々気難しい側面もあるため、テロワールをかなり選ぶ(Colli OrientaliとIsonzoが好適ゾーン)上に、しっかりと樽熟成をかけないと荒々しさが残ってしまうことも多い。

また、Refosco dal Peduncolo Rossoとのブレンドは、Goriziaにおける伝統的なスタイルの一つとなっている。

 

 

Merlot

MerlotもまたSauvignon Blancと同様に、この地に長く根付いてきたため、重要品種となっている。

イタリアのMerlotはトスカーナ州産が非常に名高いため、Goriziaのワインに注目が集まることは少ないが、最適なテロワール(CollioとGoriška Brdaで、特に優れたワインが多い)と高樹齢が合わされば、驚異的な品質領域に至ることができる。

単一品種Merlotの産地として、Goriziaが世界最上位クラスに位置していることは、間違いない。

 



 

 

後編に続く。

Comments


bottom of page