top of page

Wine Memo <8>

Fermier, Kerner 2022.

私がNYでソムリエ修行を始めて間もない頃は、とにかく手探りで勉強をしていた。


元々は必要に駆られてのことだったが、幼少からの「ハマり症」が功を奏したのか、分厚いワイン教本を読み漁る日々は苦痛ではなく、むしろこの上なく私の知識欲を満たしてくれた。


もちろん、当時まだ学生だった私には、ワインスクールに通うような余裕は全くなく、ひたすら独学で学んでいた。


今は私自身が教育者となり、「あの頃にスクールで体系的に学べていれば」と思うことも少なからずあるが、(随分と遠回りにはなったものの)教えて貰わなかったこと自体は、結果的に良かったと思っている。


自分で考え、感じ取り、理解する力を、ゆっくりと養うことができたからだ。



今回は、私がNYの日本酒バーで働いていた頃のエピソードを、一つ紹介しようと思う。


当時はまだ、ワインの勉強を始めたばかりのタイミングで、フランスやイタリアの超有名産地くらいしか、知識が蓄えられていなかった。


ある日のディナーで、そんな私のセクションに訪れたのは、ワイン関係の仕事をしているらしきアメリカ人三人組。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page