高級ビールを嗜む <1> 聖地ポートランド

レヴュー企画の不定期連載として、「高級ビールを嗜む」をスタート致します。


ビールには、ワインも顔負けの非常に奥深い世界が広がっています。


基本のスタイル(製法カテゴリー)に、様々な副材料も含まれば、そのヴァリエーションはまさに無限大


筆者はビールの専門家ではありませんが、飲料のプロフェッショナルとしての目線から、厳選したビールをレヴューして参ります。


基本的なテーマはタイトルの通り、「高級ビール」です。


つまり、日常の中で、乾いた喉を潤すために飲むビールではありません。


ここで言う高級ビールとは、(価格も高いですが)特別な時間を演出してくれる、孤高のビールたちのことです。


日本でも、クラフトビールがブームからスタンダードへと移り変わりつつありますが、世界のクラフトビール事情は、思ったよりも遥か先へと進んでいます


本企画の初回は、クラフトビールの中でも、特にクリエイティヴなビールの聖地とされる、アメリカ・オレゴン州の州都ポートランドで誕生した、驚きの一本です。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む