酒魅の世界

6月中旬から梅雨入りした長野県、7月中旬まで晴れ間少なく雨の多い日が続き、その後、8月中旬までの1か月間ほぼ雨の降らない晴天が続いた。(何度か激しいゲリラ豪雨は発生した)


8月中旬に発生した「令和3年8月の大雨」。

長野県も雨が数日続き、若干の災害が出てしまった。昨年7月の豪雨に続き甚大な被害がでてしまった九州。今後の台風も含め、これ以上の災害が起きないことを切に願っている。


この大雨を境に長野の夏ピークは過ぎ、徐々に気温が下がり、秋はすぐ近くまで来ているように感じていたが、まさかの真夏へ逆戻り。日中30度を超す残暑が8月末まで続いた。


私圃場のブドウ達は今年、予想以上にグングン伸び、来年に初収穫を迎えられるところまで生長してくれた。生長スピードに作業が追いつかず、病気に感染してしまうなど苦しい状況ではあったが、どうにか踏ん張り来年に繋げることができそうだ。


5月の萌芽から9月までの繁忙期は、日の出から暮れまで畑仕事に追われ、それ以外のことがあまり出来ない状況だったが、国内で起きている事柄、オリンピック開催、コロナ感染増、ワクチン、変異株、緊急事態宣言、終わりの見えない酒類提供の禁止など…そういった記事を目にするたびに心が痛み、早く収束することを祈っていた。


特に酒類提供の禁止については、前職レストランでソムリエをしていた身としては、飲食店スタッフの厳しい状況が目に浮かび、一日も早くコロナ以前のように誰もが楽しくお酒を飲める日が戻ってくることを願ってやまない。


その一方で、「ノンアルコール」の盛り上り、「ソーバーキュリアス」という選択の広まり、世界的な若者のアルコール離れなど、お酒に関して世の中が変化してきているのも感じる。


厚生労働省「国民健康栄養調査」によると、20~30代の男性の飲酒習慣率(週3日以上、1日1合以上飲酒する割合)は20年前と比べておよそ半分程度となり、もともと飲酒習慣率の低い20代女性では、現在、わずか3%となっているそうだ。


ネット上で「ソーバーキュリアス」についての記事を見つけた↓


なぜ「ソーバーキュリアス」がかっこいい?


『なぜ、若者では「ソーバーキュリアス」が広がっているのでしょうか。この背景には、ミレニアル世代ならではの価値観の影響があるのでしょう。

ミレニアル世代は、物心ついた頃からパソコンやインターネットが普及したデジタルネイティブです。大量の情報に触れながら育っているために、何につけても情報通で、健康や予防医療に関する知識も豊富な傾向があります(浅く広くかもしれませんが)。また、何かを買う時は情報を比較検討し、コストパフォーマンスを重視する傾向も強いです。さらに、技術革新や消費社会の成熟化によって、娯楽も多様化しています。

今の若者は、アルコールを飲んで楽しむことは、コスパの良くない娯楽と考えているのかもしれません酔って楽しむことによるメリットよりも、健康への悪影響や、費やされる時間やお金などのコスト、酔うことによる失敗のリスクなどのデメリットが上回ると判断しているのかもしれません。』(引用元:MONEY PLUS)



お酒とうまく付き合い、豊かな時間を享受している身としては、お酒を飲まないという選択に強い寂しさと残念な気持ちがあるのが正直なところ。


ということで今回の記事は、お酒を好む私たちが今一度「お酒」の魅力を再考察し、お酒の楽しみ方を若者達へ伝えられるよう、その歴史や役割、健康面について考えてみたいと思う。



【お酒の起源】

人間はいつからお酒を飲んでいるのだろうか??


なんと考古学的に、人類誕生の前から(人間以前の霊長類、初期人類、大型類人猿)お酒を飲んでいた可能性があるそうだ。それは遥か2400万年前

人類誕生以前から、果実を食料として食べてきた可能性が高いことから、アルコール飲料との関係もおそらく遠くなかったであろうと思われている。

とりわけ熱帯の温暖な気候では、果実が熟する過程で自然に、樹上で野生酵母によるアルコール発酵が行われていた可能性は十分にあるそうだ。もしそれを偶然に一口でも口にしていたならば。。 

事実、世界には酔いを求めてそういった自然発酵したアルコールを含む果実を摂取する虫や鳥、動物が存在する。


それでは、人類がお酒を飲み始めたのは??

それは、約1万年前頃ではないかと言われている。


『人類の祖先は、史上初めて狩猟採集生活から定住の農耕生活へと暮らし方を変えた。人々は定住して村落をつくり、都市国家を築き、文字や数字を編み出し、人間の行為を取り締まる法律をつくった。それとほぼ同時期に、蜂蜜や熟した果実、穀物が酵母菌で発酵し、アルコール飲料になることを発見した。

もちろん、太古の祖先は酵母について何も知らなかった、しかし彼らは、潰したブドウが発酵し、飲むと気分が大きく変わる液体に変化することを知った。穀物を水に浸して静かに置いておくと、やがて泡立ち、間もなく独特な味わいの飲むと気持ちが高ぶる液体が生まれることにも気付いた。

それ以来、このワインとビールは人類に欠かせないアルコール飲料となり、蒸留酒が生まれるまでそれは続いた。』(引用元:「カクテルの歴史」Joseph M.Carlin)



【お酒の役割】

酒は、ただ「酔う」為だけのものではく、もっと多くの役割を担っていた。

・細菌に汚染された危険な水に代わる、より安全な飲料として

(祖先たちは、新鮮な水を常に確保するのが非常に難しかった)


・大事な栄養源として

(狩猟から農耕への生活変化で不足したタンパク質とビタミン類を補った)


・通貨や労働報酬の代わりとして

(穀物が経済の基盤であった時代、パンとビールは便利な通貨代わりとして広く普及した。ピラミッド建設の賃金はそれで支払われたそうだ)