top of page

SommeTimes’ Académie <60>(フランス・ボルドー地方:Castillon & Francs)

一歩進んだ基礎の学び、をテーマとするのがSommeTimes’ Académieシリーズ。初心者から中級者までを対象としています。今回もボルドー地方について学んでいきます。

 

ボルドー地方に関する基礎的な情報は、無料のものが十分に存在していますので、本シリーズでは基本的に割愛しますが、その代わりにより深いところを探っていきます。

 

ボルドー地方シリーズ第11回は、「ボルドー右岸:Castillon及びFrancs地区」と致します。

 

 

Castillon-Côtes de Bordeaux

Francs-Côtes de Bordeaux

ボルドー右岸東端エリアには、約2,270haとかなり大きなCastillon-Côtes de Bordeaux(以降、Castillonと表記)、約396haと右岸でも最小クラスのFrancs-Côtes de Bordeaux(以降、Francsと表記)という2つのアペラシオンがあります。

 

共に、中域アペラシオンのCôtes-de Bordeaux内に含まれるサブリージョンとなります。

 

土壌に関しては、共に粘土石灰質が主体となりますが、最終的なワインの性質にはかなりの違いが見られます。

 

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page