top of page

アメリカ西海岸の最前線 -Sashi Moorman-

『レトロなワインであり、昔のスタイルのワイン。』

アメリカ西海岸の最前線に立つサシ・ムーアマンは、自身のワインをそう表現した。


カリフォルニアでは、Domaine de la Côte、Sandhi、Piedrasassi、そしてオレゴンではEvening Landのワインメーカーとして活躍するサシは、筆者とも懇意にしている造り手だが、私はあえて彼のワインをこう表現しようと思う。


『現代の知見で精巧に再現された、アンティーク調のワイン。』

そう、確かにレトロで昔風だが、サシのワインは、「今」の先頭を駆け抜けているのだ。



ワインにおけるスタイル上の世界的なトレンドは、常に「揺り戻し」を繰り返しながら前進してきた。


1990〜2010年代初頭にかけての約20年間は、広義でいうと「技術の時代」と考えて差し支えないと思うが、今の最先端は、1960~1980年代と第二次世界大戦以前のアプローチを混ぜ合わせた上で、最新の知見を随所に取り入れたスタイルが主流となりつつある。


そして、その最先端スタイルの根幹を成しているものは、「冷涼気候」と「低介入醸造」だ。


記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Комментарии

Не удалось загрузить комментарии
Похоже, возникла техническая проблема. Заново подключитесь к интернету или обновите страницу.
bottom of page