top of page

出会い <36> 食用葡萄の地酒

Rita Farm & Winery, 花火 田舎式スパークリング ニューマスカット. ¥2,500


日本酒を学び始めて間もない頃、どうしても好きになれなかった酒があった。


コシヒカリで造った純米酒だ。


ご存じの方も多いとは思うが、一般的に日本酒は酒造好適米という特殊な米から造られる。ワインで言うところの、ヴィティス・ヴィニフェラ種(ヴィニフェラの全てが醸造用というわけではないが)と同じような「専用原料」だ。


山田錦、雄町、五百万石など様々な酒造好適米が存在しているのだが、コシヒカリはその仲間では無く、普通の食用米となる。


そして、専用原料では無いコシヒカリで造られた日本酒には、ミッドパレットが無い。どうにも構造が緩く、ふわふわしていて、余韻も短い


昔ながらの価値観では、到底高く評価できるタイプの味わいとはならなかったのだ。



今なぜ、この昔話を持ち出したかというと、「過去を恥じているから」に他ならない。


そういう時代だった、と言ってしまえばそれまでだが、私自身、固定された価値観に縛られていたのは間違いない。しかも、強烈に、だ。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page