出会い <3> 最高過ぎた「師匠の教え」

Shared Notes, Les leçons des maîtres 2019. ¥11,000


ソーヴィニヨン・ブランの代表的な産地はどこでしょうか?


真っ先に思い浮かぶのは、フランス・ロワール渓谷サンセールプイィ・フュメ

緻密なミネラルと、エッジの効いた酸がスタリッシュな産地です。


次は、フランス・ボルドーか、ニュージーランド・マルボロでしょうか。


ボルドーはセミヨンやミュスカデルとのブレンドが基本で、より甘やかな果実味と、まろやかな酸、そして新樽もしっかり効かせる傾向があります。


マルボロも非常に個性的。パッションフルーツやハーブのアロマが全開で、万人受けしやすい味わいと言えます。


他にはどうでしょうか?


イタリアのアルト・アディジェ、オーストリアのズートシュタイヤーマルク、オーストラリアのマーガレット・リヴァーなどなど、他にも素晴らしい産地が色々ありますね。この品種に関しては、日本の長野もかなり良い線行ってると思います。


あれ?何か重要な産地を忘れているような。


ソーヴィニヨン・ブランの話題になったとき、よくこの現象が起こります。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む