top of page

出会い <27> 70’s Remake

Le P’tit Paysan, Old Vine Cabernet Sauvignon San Benito. ¥3,900


温故知新


筆者が最も好きな熟語だ。


故きを温め、新しきを知る。


それは単純な過去回帰ではなく、過去のイデオロギーや成果を反芻し、深くリスペクトした上で、その先へと進みながら新たな道理を探求していくことだ。


つまり過去回帰はただの「レプリカ」だが、温故知新は「リメイク」であるということ。


人が現代人として自らの生きた証をたてるなら、当然リメイクの方が手っ取り早い。レプリカにどれだけ精魂込めても、膨大な過去作の大海に、いとも簡単に深く沈みこんでしまうからだ。


もちろん、レプリカそのものを批判している訳ではない。


ただ、レプリカがオリジナルよりも高く評価されることなど、ほとんど無いというだけのことだ。


この真理は、ワインの世界にも当てはまる。


そして、ワインの歴史を振り返ってみると、その時々の「最先端」は、ほぼ例外なく、何かしらの「リメイク」である、という事実が浮かび上がってくる。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page