ペアリングの実践 <2>

前回は、ペアリング理論の基礎となる、酸味、甘味、渋味、アルコール濃度の4要素を軸に、実際にどのようにペアリングを組み立てていくかをご紹介致しました。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む