top of page

Not a Wine Pairing <4> マッコリとカキ刺し

クラシック・ペアリングというものは、何もワインの専売特許という訳ではない。

 

特定の食と飲が同一文化の中で共存し続けた結果、一部の組み合わせが完璧なクラシックへと昇華する例は、世界各地に少なからず存在する。

 

ペアリングの新シリーズNot a Wine Pairing」では、『ワイン以外のクラシック・ペアリングから、ワイン専門家や愛好家が何を学べるのか』をテーマとして、様々な検証を行なっていく。


第四回のテーマは、韓国料理における冬の定番「カキ刺し」と、韓国酒を代表するマッコリとの組み合わせ。

 

飲食の現場から退いた後、ようやく「解禁」されたと言える食材が、ニンニクとカキだ。

 

ニンニクは言うまでもないが、カキは現場によっては食中毒予防のために「暗黙の了解」的なNGとなっていることが多い。

 

カキは元々大好物なのだが、ヴァケーション期間中にしか食べれなかったのは、なんとも辛かった。

 

必然的に、今回の題材となる「カキ刺し」も、ニンニクたっぷりの味わいも相まって、当然NGど真ん中の料理だったのだ。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page