top of page

テロワールと葡萄 <Languedoc特集:後編>

優れたテロワールから、凡庸なワインが生まれることは少ない。

凡庸なテロワールから、優れたワインが生まれることも少ない。


時折、テロワールの高き壁を突破したかのような造り手に出会うこともあるが、そんな天才がそこら中に転がっているわけなどない。


ワインという飲み物と、常にセットで語られるこのテロワールというものの正体は、温情のかけらも無い、徹底的に非寛容な存在なのだ。




ラングドックの重要AOP

前編では、筆者が私見に基づいて改変した、ラングドック地方のAOP格付けをご紹介した。


わざわざ公式なものを改変した理由はただ一つ、「テロワールは嘘をつかない」と私が信じているからだ。


より優れたテロワールに、適切な葡萄が植えられていれば、(ある意味極論ではあるが)よほど稚拙な仕事をしない限り、その偉大さは必ずワインに宿る。


ブルゴーニュの特級畑モンラッシェなどは、その良い例だろう。


モンラッシェという偉大なテロワールを前にしては、多少の実力差など、誤差程度の変数にしかならない。


後編となる本編では、格付けでリストアップしたAOPの中から、特に重要度が高いと判断したものについて、より詳しく解説していく。


取り上げるのは、以下のAOPだ。



『Grand Vin du Languedoc』

Picpoul-de-Pinet

Fitou

Saint-Chinian

Minervois

Corbières


『Cru du Languedoc “B”』

Faugères

La Clape

Pic-Saint-Loup

Terrasses du Larzac

Saint-Chinian Berlou

Sanit-Chinian Roquebrun


『Cru du Languedoc “A”』

Minervois-La Livinière

Corbières-Boutenac


記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page