曇り空の向こうへ <シャブリ特集:後編>

変わらないための努力をしていくのか。変わっていくための努力をしていくのか。たった2つしかない選択肢が示されたとき、そしてその両方が茨の道であると知ったとき、人はどちらを選ぶのだろうか。


混迷の中にある銘醸地シャブリは、まさに今、岐路に立たされている。


選択をするのは、この問題の当事者である造り手であり、あくまでも傍観者である我々飲み手では決してない。


しかしその選択は、否応なしに、飲み手の審判を受けることにもなる。


造り手と飲み手は、本質的に並列の関係にあるのだ。

造り手がいるからこそ、飲み手はワインを味わうことができる一方で、そのワインに対価を支払う飲み手がいてこそ、造り手はワイン造りを続けることができる。


だからこそ、飲み手に見限られるという最悪の結末を、世界に名だたる銘醸地シャブリが迎えるようなことは、決してあってはならない。


記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む