top of page

Alvarinho大垂直テイスティング

昨年末のVinho Verdeツアー最終日、大トリとなったワイナリー訪問は、Monção e Melgaçoを代表する名ワイナリー、Soalheiroだった。

 

Soalheiroは1974年に、ジョアン・アントニオ・セルデイラと彼の両親が、サラザール政権下で領地の端へと追いやられていた葡萄樹を、ひとつなぎの畑全体に植え直したことをきっかけとしてスタートした。

 

以降、徐々にその名声を高め、Alvarinhoの王者となったSoalheiroは、現在3世代目へと突入している。

 

中核を担うのは二人の姉弟

 

姉のマリア・ジョアンは栽培を担当し、オーガニック農法を自社畑で導入した。

また、美しい自社畑に自生するハーブや花から、ハーブティー(筆者も購入して帰国後に飲んだが、驚くほど美味しかった!)を開発したりと、多方面でのサスティナビリティーにも余念が無い。

 

弟のアントニオ・ルイシュは醸造を担い、伝統の継承とさらなる洗練に邁進している。Soalheiroが極小規模で手掛ける数々の「実験的ワイン」は、彼の先進的精神の賜物なのだろう。

 

そんな二人を優しく導くのは、母のマリア・パルミラ・セルデイラだ。

 

そして、Soalheiroはアットホームな家族経営ワイナリーだが、それ以上でもある。

 

従業員や契約農家の多くは、家族代々Soalheiroと共に働いており、彼らと彼らの家族も含めて、Soalheiroのビッグ・ファミリーとなっているのだ。

 

なんとも気持ちの良いストーリーを聞いた後は、実にマニアックで楽しいテイスティングの時間が待っていた。

 

Soalheiroの看板ワインとなるAlvarinhoの、2012~2022年に渡る大垂直テイスティングだ。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page