top of page

出会い <47> クラシックオレンジの聖地

JNK, Jakot.e 2016. ¥8,000

1990年代中頃に復活の狼煙がひっそりと上がって以降、10数年の時をかけて数多の追従者を生み出したオレンジワイン


2010年代に入る頃にはいよいよメジャー化し始め、2020年代の今では、完全な1カテゴリーとして確立するまでに至った。


もはや、オレンジワインが造られていないワイン産出国など、存在しないと考えても良いだろう。


生産地が世界規模で広がる中、そのヴァリエーションもまた、白、赤、ロゼと肩を並べるほどにまで拡張された。


現在、グリ系葡萄まで含めると、非常に多くの品種からオレンジワインが造られているが、果たしてどの品種がオレンジワインに向いているのか、と言う議論がどれだけされてきたのかに関しては、疑問が残る。


オレンジワインにとって過渡期と言える現代は、世界各地でありとあらゆる実験的醸造が行われているため、「オレンジワイン向きの品種」を検証するにはうってつけのタイミングなのではなかろうか。


とはいえ、よりクラシックなタイプと(ナチュラルも含めた)現代的なオレンジワインとを、並列で比較するのは流石に時期尚早とも言えるため、今回は、クラシックなスタイルと、その聖地たる産地に絞って検証を進めてみようかと思う。


記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page