top of page

再会 <63> Johannes Zillinger Part.2

Johannes Zillinger, Numen Rosé SL 2020.

 

偉大なロゼの探求

 

私が長年取り組んできた研究テーマの一つだ。

 

夏に、よく冷やしてカジュアルかつリーズナブルに楽しむ。

そのシチュエーション自体は私も楽しんでいるのだが、それだけ、となると流石に違和感を隠せない。

 

白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインなら、カジュアルなものから、徹底してシリアスなものまで当然のように幅広く存在し、マーケットでもしっかりと棲み分けがなされている。

オレンジワインもおおむね同様の形となりつつある。

 

しかし、ロゼだけはシリアスなものが極端に少ない

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page