一周遅れのランナーか?それとも世界の最先端? <ポルトガル特集 前編>

数年前に、ダオンを代表する生産者であるキンタ・ダ・ペラーダアルヴァロを訪問した時に連れて行かれたのが、街と森の境界線にある場所だった。周りを見回して驚いた。葡萄畑のようだが無造作に植えられたのか樹間の統一性のかけらもなく、全ての樹は地面をうねり、ふたつとして同じ姿はない

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む