top of page

造り手の想い

私は造り手を訪問した際、できる限り「造り手の想い」を引き出そうと努めている。

その舞台は、もっぱら葡萄畑の中だ。


セラーやテイスティングルーム、ましてや大きな試飲会場などでは、(嘘も含めて)適当な回答をされることは少なからずあるが、不思議と(全てがさらけ出される)葡萄畑の中では、そのようなことはない。


ある程度融通の聞く単独取材の場合は特に、葡萄畑でできるだけ多くの時間を共に過ごしたい、とリクエストを入れるようにもしている。


しかし、私が造り手の想いを知りたい理由は、それを他者に伝えたいからではあまりない


そう、私は造り手の想いと、ワインという結果の「整合性」をはかるために、聞いているのだ。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

コメント

コメントが読み込まれませんでした。
技術的な問題があったようです。お手数ですが、再度接続するか、ページを再読み込みしてださい。
bottom of page