top of page

チゲとオレンジワイン

長年レストランの現場にいた私にとって、ペアリングと「料理へのリスペクト」は切っても切り離せないものだ。

 

寄り添う、引き立てる、混ざり合い高め合うなど、様々な方法論があるが、どの場合も「料理あってこそ」のペアリングであり、ペアリングによって「ワインだけが美味しく(良く)なってしまう」という結果は、少なくともガストロノミーという局面においては、NGである。

 

しかし、プライヴェートにおいてはその限りではない。

 

むしろ、その結果がこれ以上なく楽しいことは多々ある。

 

今回ご紹介する特殊なペアリング例は、レストランではなかなかできないタイプのものだ。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page