top of page

Not a wine review <2>

伝統深い飲み物が他文化との交流によって変化する、という現象は現代のトレンドなのかも知れない。


中には、極めてワイン的な変化をした一部の日本酒のように、(ワインとその文化に対する)憧れやコンプレックスが根底にあるとしか思えないものもあるため、全てを手放しで称賛することはできないが、新しい価値観が創造されること自体は、実にポジティヴな動きだと思う。


しかし我々は、この「新しさ」が革命なのか、進化なのか、を冷静に判断すべきではなかろうか。


記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page