繋ぐものたち <長野・千曲川ワインヴァレー特集 第1.5章>

「ここがワイン産地として成立しているのか、まだ良く分からない。」


ドメーヌ・ナカジマの中島豊さんが語った言葉は、この旅の中でも特に印象に残るものの一つだ。


現在千曲川ワインヴァレーには、30軒(醸造所付き)ワイナリーがある。


この数を少ないと思うか、意外と多いと思うのかは人それぞれだが、少なくとも「ワイン産地」と呼ぶには、世界各地の実情を鑑みる限り、数だけなら十分と言えるだろう。


一つの原産地呼称制度内に、一つのワイナリーしか存在していないケースは多々あるし、20軒程度でも原産地呼称を得ている広い産地も少なからずある。


では、それらの産地と千曲川ワインヴァレーを隔てるものがあるとしたら、それはなんなのだろうか。


千曲川ワインヴァレーを総合的に見ると、まだワイン産地とは言い切れない理由があるとしたら、なんなのだろうか。


それは、歴史と文化だ。


歴史はそのまま年数でもあるため、この点はもうただただ待つしかない。


しかし、文化は違う。


文化とは人が作り上げるものだ。そして、文化の構築はより広範囲で行えば、短時間でも可能だ。


その文化を作り上げる役割を、造り手以外で担っている人々が、長野にはいる。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む