ボルドーのワイン不正

僅か10年ほどの間に、産地全体の約8割が認証を取得するという、世界でも前例の無いほどの大々的なサスティナブル化に成功したボルドーは、再び世界最先端の銘醸地へと返り咲こうとしているように思えた。


C.I.V.B(ボルドーワイン委員会)を中核としたこの驚くべき変化に関しては、以前の特集記事でも詳しくレポートしたが、今回届いたニュースは、その喜びも、賞賛も、努力も、何もかもを木っ端微塵に破壊してしまいかねないものだった。


2022年10月27日、ボルドーの裁判所で、2016年から2019年に渡って行われた「重大な不正行為」に関する裁判が行われた。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む