top of page

料理の苦味とワイン

料理とワインの間で五味を合わせる、というのはペアリングの基本的な考え方の一つだが、五味(甘味、酸味、塩味、苦味、旨味)の中には、一つ非常にトリッキーなものがある。


苦味、だ。


その理由は、ワインに「苦味」がたいして含まれていないため、そもそも五味合わせが成立しないから。


一部のアロマティック系白葡萄に見られるフェノリックな苦味や、ミネラルの刺激によるものと考えられる余韻の苦味、などは一応あるが、どれもペアリングの要素としてカウントできるほど強くはない。


しかし、実際には料理の苦味に対してワインでしっかりとアプローチすることは、難しくない。


いや、むしろ非常に簡単だ。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comentários

Não foi possível carregar comentários
Parece que houve um problema técnico. Tente reconectar ou atualizar a página.
bottom of page