カベルネ・フランが好き

大阪心斎橋の名店「Le Chat Noir」でオーナーソムリエを務める岡城ソムリエは、クラシックからナチュラルまで幅広い知見の深さと、柔らかい語り口が魅力の名ソムリエです。今回は、クラシックとナチュラルの境界線にいるような、ロワールの偉大なワインに関するコラムです。


-------------------------------------------------------------


自身がはじめたお店が今日、ふんわりと10周年を迎えた。



よし、今日はオープンした年のワインを飲もう。そう思いワインを選んだ。


お店をはじめたとき目標にしたのが、まず10年続けようということだったのを思い出し、

なんでも飲食店は特に数が多いので生き残ることが本当に大変で、10年を越えれる割合はわずか1%だなんて誰かに聞いた気がする。いくらなんでも1%は少なすぎじゃない?と今になって思って調べてみたら、インターネット上では 6〜10%が一般論だった。全然ちがうやん。ま、とにかく今年はまともに営業すらできない状況が続いていたので実感なんてものも程遠く、まさに「ふんわりと迎えた」感じだ。


まだまだ派手なパーティなんてもってのほか、というタイミングで、いつも通り家で家族との夕食の時間を過ごすも、やはりいつもとは違うワインを飲みたくなりこっそり用意したワイン。


生産者:Domaine du Collier / ドメーヌ デュ コリエ

ワイン名:Saumur Rouge La Charpentrie / ソミュール ルージュ ラ シャルパントリ

葡萄品種:Cabernet Franc 100%

ワインタイプ:ミディアム赤

生産国:フランス

生産地:Saumur / ロワール ソミュール村

ヴィンテージ:2011 アルコール: 13%

インポーター:㈱徳岡

価格帯:¥8500 〜 12000



ロワールのカベルネ・フラン


正直、今まで仕事をさせていただいて「ワインが好き!」というお客様にリクエストされたことがほとんどないタイプ(「それ以外で」というリクエストは何度か受けたことがあるのだけど)。レストランだとピンポイントに食材とあわせて勧められそうだけど、ワインバーではなかなか難しいタイプのひとつ。だけど僕は本当にこの葡萄品種のワインが好きで、今日は妻の好みはさておき自分の飲みたいワインを選んだ。


同じ地域で世界的にもファンが多いクロ・ルジャールと縁の深いこの造り手、ちょうど10年経ってどういう表情をみせてくれるのかワクワクしながら抜栓し香りを嗅ぐと、笑みが溢れるくらい上品な大人の香り、熟した木苺や黒プラムに乾燥したハーヴのニュアンス、小さめのバラ、口に含むととても滑らかなタンニンにほどよく強いのびやかな酸、アフターまで続く赤と黒のフルーツのフレーバーにかすかに丁子のスパイス、血のような鉄っぽいミネラルが混ざりさらに複雑に。


派手なスタイルではないのだけど飲み疲れることなく、時間が経つとともに甘い香りが増えてきてさらにすすんでしまう。いつもなら僕が7割、あまりお酒が強くない妻が3割くらいのバランスなので、1本でちょうどいいのだけど、今日はいつもと違い妻が「飲んでいくうちに美味しい!」と予想以上のペースを発揮し、すぐに空になりそうだった残り少しのボトルを隠し、別のワインを開けるはめになったのだけど、これはこれで嬉しい夜になった。



カベルネ・フランという葡萄品種、カジュアルな価格帯のものは酸味が強く(比較的涼しい土地柄)、品種由来の渋み独特の青い香り(野菜のような植物的な香り)もあって、それが若い時フランスのカフェで食べた、ちょっと安めの硬めの赤身のステーキと一緒だととても美味しかったのを思い出し、ノスタルジックな意味でも好きだし、この青さのニュアンスが時を経て、朝鮮人参のような漢方に通じる香りに変化した時のワインも色っぽくて好きな理由。特に最近では温暖化の影響や生産者の畑での努力や樹冠整理の向上もあり、前述のような青い香りもかなり優しくなりバランスがいいワインが多く、ますます楽しみなスタイルだと思う。そして何より好きな個性としては熟成につよい果実味があることで、さまざまな香りが加わってもワインとして常に1本芯の通った味わいを維持していけるところ。



ワインを選ぶ時の選択肢にタイプ、色、生産者、葡萄品種、価格などいろいろ要素はあるのだけど、ヴィンテージで選ぶというのも、やっぱりワインがもつ楽しみのひとつだなとつくづく思う。 余談ながら今日飲んだ「シャルパントリ」をしらべてみると、葡萄の樹齢が100歳を超える古樹の畑の名前だそうで、10年の記念に長寿葡萄のワインを飲めたことにまた、なんとも嬉しい気持ちになった。



<ソムリエプロフィール>

岡城 武士 / Takeshi Okajo

Le Chat Noir


1979年大阪生まれ。1997年から心斎橋にてバーテンダーとして修行を開始。

2002年フランスに渡り、2年間カンヌでワインサービスに従事。

2011年大阪心斎橋にて自店シャノワールを開店、現在も営業。 JSA シニアソムリエ資格/WSET Level.3 資格保持 Level.4 挑戦中。



<Le Chat Noir シャノワール>

フランスワインを中心に食前・食後酒を幅広く取り揃えております。 フランスの家庭料理などと一緒に大切な人と心地いい時間をすごしていただけたらと思い日々営業しております。