暗記の時代は終わったのか

ソムリエやワインエキスパート、WSET等のワイン関連資格試験にチャレンジしたことのある人なら、理不尽なほどの膨大な暗記に苦しんだ記憶があることだろう。


終わりの見えない暗記によって、ワインが嫌いになってしまった人も少なくないはずだ。


中には、「重箱の隅をつつくような知識」が本当に役に立つのかと激しい疑問を覚えながら、苦行を乗り切った人もいるだろう。


それに、せっかく暗記した知識が、霞のように消えていく虚しさも、多くの人が味わったに違いない。


暗記に意味がないとは決して言わない。それだけの奥深い世界が広がっていることを実感すること自体には、確かな意味があるからだ。


検索エンジンや電子書籍が高度に発達する前は、一流のワインプロフェッショナルとはつまり、「歩く百科事典」的な人のことを意味している側面があった。


驚異的に詳細な情報を、大量に記憶したワインプロフェッショナルこそが、尊敬の対象だったのだ。


しかし、時代が変わった。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む