比喩表現の罠

まるでブルゴーニュのようだ。
ブルゴーニュの一級畑を思わせる。
シャンベルタンにも比肩する。

ワインの世界において、最も頻繁に目にする比喩表現の一つが、「ブルゴーニュやボルドーに例える」ことだ。


かくいう筆者も、時折この表現を用いることがある。

一般的にはあまり馴染みのない産地や品種を語る時には、確かに便利な表現だ。

チャレッロの凄さを語り続けるよりも、ブルゴーニュに例えた方が多くの人には分かりやすいだろう。少なくとも、ワインにそれなりに明るい人が相手であれば。


今回は、この比喩表現を様々な角度から検証してみようと思う。


記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む