クラシックの行方

筆者にとって過去2年半は、新型コロナ禍による混乱だけではなく、別のショッキングな出来事が続いていた。


そう、それはクラシック・ワインの消失危機だ。


なるべく話をコンパクトにするために、フランスに限った話にとどめておくが、20182019、そして2020年というヴィンテージがリリースされてきたこの2年半、なんとも煮え切らない思いを抱えることになった。


2018年はフランスのほぼ全土で酷暑の年となり、ワインにも異常な性質が立ち現れた。


多くのブルゴーニュ・ルージュは、まるでニューワールド・ピノのような味わいになった。

多くのブルゴーニュ・ブランから、酸が消え去った。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む