Advanced Académie <23> フルボディ

フルボディという言葉は、感覚的に感じるワインの「重さ」を表現するために、長く用いられてきた。実際、非常に便利な言葉であり、自身のおおよその好みを伝える際にも、重宝してきた人は多いだろう。


しかし今、このフルボディという言葉の基準が大きく揺らいでいる。


これまでの一般論で言うと、おおよそ以下の通りに「重さ」に関する表現は使い分けられてきた。


1. アルコール濃度12%以下:ライトボディ

2. アルコール濃度12~12.5%:ライト or ミディアムボディ

3. アルコール濃度12.5 ~ 13.5%:ミディアムボディ

4. アルコール濃度13.5 ~14%:ミディアム or フルボディ

5. アルコール濃度14%以上:フルボディ


簡単に整理すると、12%以下はライト13%前後はミディアム14%以上はフルボディとなり、その間に意見が分かれるグレーゾーンが存在してきた。


これは基本的には赤ワインがベースの考え方だが、白ワインの場合はそのまま用いるか、0.5%ずつそれぞれ下げれば、違和感なく使えていた。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む