ご縁を大切にする

自分自身が生きていく上で、大切にさせていただいていることの1つです。


当たり前かもしれませんが、やはりとても大事な事ですよね。ご縁からご紹介いただけるワインもあるし、お仕事もたくさんある。思いは通じたりして世界が広がっていきます。

そう、世の中ってとっても不思議です!

昨年後半、とある撮影のお仕事を引き受けさせていただきました。それは今年の初めから放映され、本来ならば丁度この記事を書き終えるころ終了する予定だったのですが、コロナウイルスによる(意味不明の)非常事態宣言が急遽出てしまいました。残念ながら4月末にて新国立美術館の閉館をもって会期を終了してしまった、「佐藤可士和展」にまつわるYouTubeの撮影のお仕事でした。


生産者:Waimarama / ワイマラマ

ワイン名:Minagiwa Reseve Selection 2016 Kashiwa Sato Limited Editio / ミナギワ リザーブセレクション 佐藤可士和 限定ラベル

葡萄品種:Merlot (メルロ), Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン),

Syrah (シラー), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Malbec (マルベック)

生産国:ニュージーランド

生産地:Hawkes Bay ホークスベイ

ヴィンテージ:2016

希望小売価格:¥12,100(税込)

お問い合わせ:ワイマラマジャパン株式会


佐藤可士和さんが、NZにあるワイナリー「シャトーワイマラマ」のオリジナルエチケットを手掛けた限定ワイン。「Minagiwa 2016 Kashiwa Sato Limited Edition

このワインに合わせてコメントとペアリングさせる料理を提案し、撮影させていただくという大変光栄なお仕事だったのですが、このお仕事をご提案いただいたO氏は、ある仲間のソムリエO君の「飛田さんのところ辺りは使いやすいんじゃないかな」と言われたことをきっかけに、営業の連絡をいただきました。その様ないきさつだったので、一度お話だけは聞いてみようと思い、会ってみたのがご縁の始まりでした。その後リーデルショップのお仕事の案件や、「乃木坂しん」をご利用いただきながら別のご縁をいただいたりと、いろいろとほかのご縁もいただいており、今ではお互いいろいろなアイデアを出し合いながら楽しくお仕事をさせていただいております。

とまあ外観の話ばかりになってしまっておりますので、ワインの内側のお話も。このワイン中身も大変素晴らしく、香りはとても複雑かつ華やかで、味わいも素晴らしいのですが、何かが突出するわけではなく、香りや味わいがしっかりとある「バランスの非常に良いワイン」で、映像の中で私は「良い意味でとても抑制のきいたバランスの良いワイン」と表現させていただきました。

品種構成はメルロが中心のボルドースタイルシラーがブレンドされていますが、それぞれの良さがちゃんと出ているのにどこかに偏ることなく、味わいも程よいアタックと果実味、ミネラル、酸味、苦みとあり、余韻も長く、細かめのタンニンは口中でお料理と程よくバランスが取れ、一緒に流れていきます。

ワイナリーは早くからサスティナブルに取り組んでいたりと、環境保全にも力をいれています。

そんな中、私が提案し、おすすめした料理は…

伊勢海老の具足煮」というお料理です。

伊勢海老を豪快に縦割りし、殻ごと(甲冑の具足に見える)全てを炊いていくお料理で、お出汁を少しとたっぷりの日本酒、素揚げにした桜海老を入れて、中火~強火の間で、短時間で一気に炊いていきます。

そこに味わいを整える意味で、少しの味噌と醤油と胡麻油を入れて仕上げに柚子の皮(なければ自家製の陳皮をふる)をすりおろして完成です。


では、さてここで問題です。このワインペアリングは一体何からヒントをえたのでしょう?

答えは是非とも「佐藤可士和さんのYouTube」をご覧になってください!

WAIMARAMA Presents 佐藤可士和×WAIMARAMA~乃木坂しん~ - YouTube

動画は全部で5本あり、素晴らしい面々の中にお恥ずかしながら、混ぜてもらっています。



自画自賛ですが、和食店ならではの良いご提案ができたと思っています。

ちなみに事前のご予約でこちらのワインペアリングは当店でお楽しみいただけますので、非常事態宣言が明けたあかつきには是非ともリクエスト予約をしてください‼

最初から最後まで宣伝ばかりですいません(笑)

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

読んでいただいたご縁に感謝です‼

<ソムリエプロフィール>

飛田 泰秀 / Yasuhide Tobita

The Flying Stones LLC

乃木坂しん オーナーソムリエ


1974年東京都出身

19歳で単身渡英し習得した語学⼒をもとに、都内イタリアンレストランサービススタッフとして飲食業界でのキャリアを開始する。

2002年 東京・銀座フランス料理「オストラル」。 同店移転オープニング業務にも携わる。

2006年 オストラル閉店に伴い、南⻘山のフランス料理「ランベリー」開業。支配⼈として2年間レストラン開業準備から運営の経験を積む。

(在職中、ミシュランガイド東京2008にて1つ星)

退職後、各種レストランの開業運営コンサルタントとして携わり、その経験を活かし、フランス料理「ラ・ロシェル溜池山王」入社。シェフソムリエとして新店舗開業を成功へと導く。

2012 年 東京・銀座日本料理店(当時3つ星)に支配⼈兼シェフソムリエとして入社。グループのフランス・パリ店の開業に伴い渡仏。開業準備から営業オペレーションなど全ての礎を築く。(在職中1つ星)

2016 年 6 月 日本料理「乃木坂 しん」を開業し独立。オープンから半年でミシュランガイド東京2017において1つ星を獲得。以降現在まで1つ星を維持

様々なイベントの企画や開発、育成、ワインスクールでの指導など幅広く活動している。


<乃木坂しん>

東京は赤坂、乃木神社にほど近い赤坂通り沿いに、料理人である石田伸二氏とともに開店させた会席料理店。お料理に合わせたワインや日本酒とのペアリングコースも楽しめる。

ミシュランガイド東京において1つ星の日本料理店