Box Wineって美味しいの??

今どきのボックスワインはクールでエレガント、スタイリッシュです!


家飲み全盛期のこの時代にこそお勧めしたいものが、「BIB」バッグインボックスと呼ばれる「箱ワイン」です。


ボックスワイン (box wine / boxed wine)は、ポリエチレンまたはアルミ製の内袋に入った内容物が、硬質紙製の外箱の中に入れられた状態のワイン、またはその包装形態のこと。包装形態はカスク(cask)という呼び名も一般的です。内袋には気密性を有したバルブが取り付けられており、バルブをつまむことで好みの量を注ぐことができます。放出したワインの分だけ内袋がしぼみ、内袋に残存したワインが空気に触れることがないため、ワインの酸化を防止でき、長期間の保存が可能になります。注ぎ口の合成シールがコルクやスクリューキャップの代替物として、機能しています。

箱ワインカスクワイン (cask wine)、バッグインボックス (bag in box, BIB)などとも。オーストラリアでは稀にgoon(グーン)goon bag(グーン・バッグ)とも呼ばれます。


箱ワインのメリット

・オープナーが不用で誰でも開けられる。

・飲む量を簡単に調整できる。1日1杯マイペースに楽しめる。

・割れる心配が無い。

・飲み終わった後も、分別廃棄しやすい。

・保存性に優れている。開封後、およそ1ケ月から2ケ月保存可能。

・紙製の箱は軽くてエコ。

・環境に優しい持続可能な包装。

・場所を取らない、四角い形であるので冷蔵庫の中でも嵩張らない。縦、横、逆さにも置ける。冷蔵庫のコーナーにすっぽり収まる。

・コスパに優れている。お得な3リットル。



以前の箱ワインはブドウ品種の明記していないもの、バルクワインなどが多かったのですが、今は品質に優れたものも増えて来ました

甘口・辛口など風味や産地も増え、スーパーやコンビニでも手軽に購入できます。日常的にワインを飲まれる方や宅飲みなどの集まりには、高コスパ・大容量ながら鮮度も長持ちする箱ワインって実はいいこと尽くし!


ズバリ、箱ワインの魅力は大きく分けると3つあります。

「コスパ」「日持ち」「サスティナブル」です!




お勧め銘柄1

『Box Wineの王道、飲みごたえあり!』

Valdemonte Pinot Noir

バルデモンテ ピノノワール NV

生産地:スペイン

品種:ピノ・ノワール 100%

容量:3L

生産者:フェルナンド・カストロ

スペインワインの主要な生産地として知られる、カスティーリャ・ラ・ マンチャ地方のバルデペーニャスにある家族経営のワイナリー。 1850年の創業と長い歴史を誇り 、当 主のフェルナンド・カストロ氏は5代目に当たる。

comment:正直これがピノ・ノワールか?と思うほど芳醇でした。色は紫がかった濃いレッド。香りは カシス、ブラックチェリー、そしてエレガントなスパイス、さらにドライフルーツと複雑。ピノ・ノワールのイメージを覆すような力強さが、とても新鮮に感じられます。

合わせる料理:ビーフジャキー、もつ煮込み



お勧め銘柄2

『先進的なBox Wineでありクリーンナチュラル、優しい味わいで癒される。』

Lunaria Malvasia

ルナーリア マルヴァジア

生産地:イタリア

品種:マルヴァジア

容量:3L

生産者: イタリア・アブルッツォ州の30年前よりビオで栽培を行う協同組合 Cooperativa Olearia Vinicola Orsognaという名のこの組合、実は30年以上も前から無農薬栽培を、05年よりビオディナミ農法を採用。収穫したマルヴァジアをステンレスタンクで30日間発酵、3ヶ月熟成。

comment: クリーンナチュラルで何杯でも飲めちゃいます。淡いグリーンの外観から、 りんごキャンディやハーブ、桜餅の様な甘やかな香りが拡がります。味わいはグレープフルーツとリンゴジュースをミックスしたフレッシュな味わいで、果実と穏やかな酸のバランスが好印象。

合わせる料理:ケールサラダ、鰤のタルタル



お勧め銘柄3

『本格的な赤ワイン、外したくないならばこれで決まり!』

BIO SYRAH JANINY

ビオ シラー ジャニーニ

生産地:フランス

品種:シラー

容量:2L

生産者: マス・ド・ジャニーニ

ラングドックで4世代に渡ってワイン造りを行っている家族経営のワイナリー。こちらは南フランスの太陽をいっぱいに浴びて育ったシラーを100%使用して造られるオーガニック箱ワイン。内容量はボトル2.6本分。

comment: 豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワインでパッケージもスタイリッシュ。プルーンやベリー系のフルーツ、ブラックペッパーなどスパイスの香りがあります。味わいはまろやかでかすかにハーブのようなニュアンス、フルーティーな酸味があり、あとからほのかにくる渋みが心地よい。

合わせる料理:サンドウィッチ、チキンの煮込



お勧め銘柄4

『やっぱりコスパの4番バッターチリワイン!』

Santa Regina Chardonnay

サンタ・レジーナ シャルドネ

生産地:チリ

品種:シャルドネ

容量:3L

生産者: サンタレジーナは、チリ産の完熟したブドウを使用した、トロピカルフルーツのような風味のある、スタイリッシュな白ワインです。砂礫質土壌で昼夜の寒暖差が大きい、病気が少ない、健康で純粋なぶどうの樹が育っている等、ブドウづくりに最適な環境が整っているチリならではの、メリハリの効いたワインに仕上がっています。

comment: チリワインの良さを存分に表現しています!芯のあるフルーティーな酸味が立ち、キリっとした辛口です。 冷蔵庫でよく冷やして飲むのがオススメ。

合わせる料理:とんかつ、唐揚げ、ポテトフライ



総評

一度Box Wineこの美味しさと便利さを知ってしまうと、きっともう手放せなくなってしまう事でしょう!気軽に温度を気にせず飲める魅力があるので、アウトドアにも連れ出したくなるワインです。現場でもソムリエにも多様性が求められるこの時代で、色々な引き出しをもっていたいですね。是非ともさまざまなシーンで便利に活用出来る、お勧めしたいBox Wineでした!


<ソムリエプロフィール>

矢田部 匡且/ Masakatsu Yatabe

「東京エディション虎ノ門」ヘッドソムリエ


「エディション」は「ザ・リッツ・カールトン」と並ぶ、マリオット・インターナショナルにおける最高級グレードのラグジュアリーホテルブランド。上質なラグジュアリーとライフスタイル型を融合させた世界が注目する最先端のホテル。現在、ニューヨークのタイムズスクエア、ウエストハリウッド、ロンドン、マイアミビーチ、バルセロナ、中国の上海、三亜、アブダビ、トルコのボドルムに展開し、2020年にイタリア・ローマと東京で開業予定。