top of page

ワインとAI Part.2

生成系AIは「正解」してこそ価値がある。


Part.1では、「ハルシネーション」と呼ばれる、AIが「もっともらしいウソ」(事実とは大きく異なる内容や、文脈と関連性の無い内容)を生成してしまう現象と、その問題点について考えていった。


しかし、現在の主流技術となっている大規模言語モデル(膨大なテキストデータを用いてトレーニングされた、自然言語処理モデル)が、この先も急速に洗練されていくのは間違い無いため、ハルシネーションの解決は時間の問題と言えるかも知れない。


さらに、Facebookを運営する米IT大手のMeta社で、チーフ・AIサイエンティストを務めるヤン・ルカン氏(AI研究の第一人者として知られる)は、2023年6月13日に、「生成AIは既に過去のものであり、最悪だ。人には常識があるが、機械には無い。我々はこの技術を捨て、JEPA(抽象的なアイデアの概念化を可能にすることを目指す、新たな予測アーキテクチャー)を採用する。」と語った。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page