固定観念を覆す白ワインに出会った

スペインワインの虜となり、20年の月日が経つ。

固定観念に縛られ、探究心を失った自分を責めるべきか、それとも従来の常識を打ち破る生産者を褒めるべきか。


読者の中で、アイレンという品種の名前を聞いたことがある方は多いと思う。


それはスペインで最も栽培されている白葡萄品種であるとか、少し前なら世界で最も栽培面積が多い葡萄品種であるとか、ワイン関連資格試験の経験者なら一度は覚えた品種だと思う。


しかし、実際ティスティングをしたことがある方が、どれほどいるであろうか。


アイレンのワインは日本では1000円前後がほとんど。ボックスワインも数多く日本で出回っている。あまりワインとしての市場価値は、高くない。味わいも複雑なものは少なく、シンプルな構成。


アイレンはスペインで最も栽培されている品種だが、その大半は4ユーロ以下のテーブルワインか、酒精強化ワインのブランデーとして使用されている。


そんな大量生産されるアイレンで、今までとは全く違うスタイルを生む生産者が、世界的に話題を呼んでいる。


生産者:Bodegas y Vinedos Verum / ボデガス イ ヴィニェードス ヴェルム

ワイン名:Las Tinadas Airen de Pie Franco / ラス ティナダス アイレン デ ピエ フランコ

葡萄品種 : Airen / アイレン

ワインタイプ : 白ワイン

生産国 : スペイン

生産地 : ヴィノ デ ラ ティエラ デ カスティーリャ(ラマンチャ)

ヴィンテージ : 2018

インポーター : アルカン

希望小売価格 : 2500円


エリアス・ロペス・モンテロ氏。1979年生まれ。

2005年からボデガ(ワイナリー)を始めた。


スペイン中央部にあり、「ドン・キホーテ」の舞台ともなった広大なカスティーリャ・ラ・マンチャ州で、18世紀末からワインと蒸留酒造りを続けてきた家系に生まれ、長年ベガ・シシリア(*1)で醸造責任者を努めていたマリアーノ・ガリシア氏に師事。


リベラ・デル・ドゥエロ(*2)を中心に南アフリカでも研修を重ね、アルゼンチン・パタゴニア(*3)でもプロジェクトを興し、研鑽を重ねている若手醸造家の注目株。世界的なワイン雑誌で、「スペインのワインを変える10人の醸造家」の一人として紹介されるほどだ。


ヴェルムという名は、ラテン語で「真実」を意味。


大地に対し、また全てに対し真実でありたい、というロペス・モンテロ家が代々受け継いできた思いを表している。


ヴェルムは4つの畑をもち、石灰岩比率が高く、風も吹き、湿度が低いので、オーガニック農法に向いている。灌漑(*4)はせず、株仕立て(*5)を採用している。

株仕立ての葡萄畑(カスティーリャ・ラ・マンチャ)


最も標高が高く、古い畑でもあるラス・ティナダスには樹齢70歳の自根(*6)のアイレンが健在していて、この貴重な樹からラス・ティナダス アイレン・デ・ピエ・フランコは生まれる。


「ピエ・フランコ」とは台木をしていない樹(自根)を指す。フィロキセラがヨーロッパ中で大流行し、スペインも例外ではなかったが、内陸部の寒暖差が激しい厳しい大陸性気候では、生き残る葡萄の樹も多少はあった。


また熟成は、ティナハと呼ばれる100年使用した5000Lの素焼きのアンフォラ(*7)を使用。オリとともにバトナージュ(*8)を行い、奥行きと複雑さをだしている。


ティナハで澱と4ヶ月、さらにステンレスタンクで4ヶ月熟成。

国や地域によって形状や大きさが異なるアンフォラ


香りは白い花をベースに、ハーブなどの爽やかな印象に、黄桃、洋ナシなどの甘い香りが豊かな印象を与える。口に含むと滑らかタッチで、アンフォラで寝かすことにより複雑かつデリケート。厚みもあり、ミネラル感とともに余韻へ変わってゆく。ややしっかりとした魚料理はもちろん、名物である山うずらにも対応できるしっかりとした骨格。暑いところで生まれ、彼の情熱との相乗効果で躍動感さえ感じることができる。


エリアスは語る。「庶民的とみなされているアイレンから、高品質のワインができるポテンシャルは感じていた。アンフォラを使用する理由は、樽の香りがつかず、石灰岩土壌が生むミネラル感をキープしながらも、酸化させすぎることがない。我々の1番古い畑は1950年に植樹され、灌漑無しで育てる。これらの畑は長い年月により、テロワールとミネラルを生む。自根の樹はバランスよく仕上がり、手入れの必要はほとんどない。アイレンの本当の魅力を感じてもらえると思う。」


眠れる獅子と長年例えられていたラ・マンチャ。

もともとポテンシャルはあったというが、それはあくまで生産者以外の第三者の意見。

評論家による「奇跡」はいつも情熱溢れる生産者によって「必然」だ。

それでいて値段はリーズナブル。

エリアスが長年に渡り築かれた「常識」に立ち向かう、あたかも彼自身がドンキホーテのように躍動感と可能性に満ち溢れたワインが、新しい時代を作っていく。



(*1)スペイン全土を代表する偉大な造り手。トップ・キュヴェの「ウニコ」は世界最高の赤ワインの一つとして称賛されている。


(*2)スペインを代表する赤ワインの名産地の一つ。主要葡萄品種はTinta del Pais(テンプラニーリョ)。特に高名なワイナリーとしては、ベガ・シシリアやピングスがある。


(*3)アルゼンチンとチリに跨った南米大陸南部の産地。近年、その限界的な冷涼気候がもたらす個性的なテロワールに注目が集まっている。


(*4)葡萄に水を供給するために畑に張り巡らされる設備。溝を掘って水を流すという旧式の「フラッド方式」と、葡萄樹にパイプを這わせて、点滴のように少しずつ水を供給する近代的な「ドロップ方式」が主流。灌漑が過度になると、葡萄の根が水分を求めて地中深くまで伸びなくなる。


(*5)乾燥した温暖な地域で今でも見られる原始的な葡萄樹の仕立て方。ワイヤーに蔓を絡めて伸ばすという方法を取らないため、背は低く、幹は太く、枝は短く育つ。近年、品質面において再注目されているが、機械収穫がほぼ不可能であり、背の低さゆえの作業効率の悪さも相まり、新しく株仕立てで植樹される畑は非常に稀。