top of page

再会 <51> 二次市場の功罪

Dom. Armand Rousseau, Grand Cru Clos de la Roche 2014.

 

転売ヤーなる言葉が一般化した現代だが、ワインにおける転売(もしくは熟成後に高値で販売)、そしてその主戦場となる二次市場の歴史は古い。

 

ボルドーのネゴシアンは、まさにその古典的な例

 

大雑把に説明すると、ボルドーのネゴシアンとは、プリムール価格で大量に購入したワインを自社倉庫で熟成させ、適切なタイミングを見計らって、時価でリリースする、という組織だ。

 

マーラー・ベッセ社など、その熟成コンディションに定評のあるネゴシアンなら、ある程度のプレミア価格も、自身で熟成管理する手間やコストを考えれば、十分に納得いくものであることは多い。

 

特に、店舗外に倉庫を構えることができない小規模店舗にとって、名門ネゴシアンは、ありがたい存在であり続けてきた。

 

このような仕組みが昔からあったワイン市場だが、ロバート・パーカーJrによる100点法で、二次市場が劇的に活発化して以降、その混迷は深まるばかりである。

記事の続きは…

sommetimes.net を定期購読してお読みください。

Commentaires

Les commentaires n'ont pas pu être chargés.
Il semble qu'un problème technique est survenu. Veuillez essayer de vous reconnecter ou d'actualiser la page.
bottom of page