至極の天麩羅とワイン

油が熱を宿していくと、扇情的なハイノートの旋律が流れ、徐々にその音色は音域を広げながらハーモニーとなり、やがて、小さな管弦楽団のような厚みとリズムが生まれる。つややかな衣を纏った食材が加わると、パーカッシヴな音に包まれたオーケストラへと変貌する。


何度も聴いてきた音だが、この日だけは何もかもが違った。


全ての音が、驚くほど鮮明に聴こえたのだ。

全ての音が、緻密な強弱と抑揚を讃えながらも、一つの壮大な音楽を奏でていたのだ。


それはまるで、天才指揮者サイモン・ラトルが率いていた頃の、ベルリン・フィル・ハーモニーの演奏のようだった。


コンサートホールの名は、成生(なるせ)


静岡にある僅か8席の天麩羅料理店には、日本全国から筋金入りの美食家たちが集う。


食材は、ほぼ全て静岡産。


鮮度もそうだが、目利きも桁違いに凄い。


さらに、固定概念に捉われない自由な発想と、それを実現する技の圧倒的な練度。


時に揚げたてが供され、時に余熱を経たものが供される、千変万化の夕べ。

次の天麩羅が供されるまでの時間ですら、未体験のご馳走に思えた。


成生は、噂に違わぬ、いや、想像を遥かに越えた、至極の名店だった。




筆者は、ワインペアリングについて語る時、可能な限り論理的なアプローチをとるようにしている。感覚に偏りすぎると、再現性が著しく下がるからだ。


しかし、世界には、ペアリングの論理が全くといって良いほど通用しない料理が、ごくわずかながら存在する。

記事の続きは…

www.sommetimes.net を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む